新聞記者のお仕事

検討委の結論「遅くとも連休明けに」=諫早湾堤防開門調査で−赤松農水相(時事通信)

 赤松広隆農林水産相は15日、国営諫早湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防排水門開門調査の是非を議論している検討委員会(座長・郡司彰農林水産副大臣)について「早ければ4月末、遅くとも連休明けには(結論を)出してもらう」と述べた。その上で「参院選前には(政府として)方向性を出す。そうでなければ国民への裏切りだ」との考えを改めて示した。同事業視察のため訪れた長崎県諫早市で記者会見し語った。
 一方で、開門する場合に備え現在進められている環境アセスメントについては「最低1年間はやらないといけない。来年の4月か5月をめどに結果を出してもらう」とし、実際の開門については「アセスの結果を待ってから」と述べた。 

【関連ニュース】
有明海ノリ養殖を視察=諫早干拓の周辺県訪問
中村新長崎知事が就任会見=「責任重大と実感」
諫早湾干拓、与党3党加えて協議へ=農水相
諫早湾開門、白紙で議論を=鳩山首相
早期の計画段階でもアセス実施=環境影響評価法で改正案

菅家さん、選挙権10年ぶり復活(産経新聞)
<参院選>ネット選挙解禁に向け協議機関設置 与野党一致(毎日新聞)
「首相は外交下手」社民政審会長(産経新聞)
「若い女性に興味あった」女子中学生2人にわいせつ 少年指導員の男逮捕(産経新聞)
【from Editor】ブロガーからのエール(産経新聞)
[PR]
by 66zg4w8pcz | 2010-04-22 11:34
<< <火災>放火か 東京・足立2人... 独法仕分けに意見602件 「不... >>